読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

FPの落書き

お金のこととか、想ったこととか、落書きするところ。

6.お金と命

考え方
どーも、だいごです。
 
前回の記事では
時間という資産について考えを述べましたが、
(前回の記事はこちら
 
今回はそれに絡めて
「命とお金」について考えを述べてみようかと。
 
 
 
 
今のところは当たり前ですが、
時間って有限ですよね。
(将来は分かんないけど)
 
 
何故かと言うと、寿命があるから。
 
 
平たく言えば、
時間って命そのもの。
 
時間をどのように使うかは、
命をどのように使うかと
おんなじことだと考えてます。
 
 
 
更に言えば、
時間を費やし対価として得たお金をどう使うかも、
命をどのように使うのかと、
おんなじことなのではないかと思うのです。
 
 
 
 

お金=命ではない

上記のようなことを言うと、
誤解を生み出してしまうかもしれないので
念の為補足を。
 
 
命=時間
労力や時間=お金(対価として)
 
という形はあり得ても、
 
 
命=お金
 
だとは考えて無いということだけは
ハッキリ線引きしておきたいです。
(そういった世界も存在すると聞きますが、絶対に許せないです)
 
 
 

お金は自分の分身?

上記のような考えから、
お金は自分の分身みたいなものだと考えられます。
 
影分身して「ミニ自分」が一杯いると想像すると、何となくイメージが湧くかと。
(可愛いような、キモいような、、、)
 
 
 
また、例えば農家さん。
 
一生懸命育てた作物を商品としたとき、
そこには農家さんの時間(命)が注がれており、
野菜もちっさい分身に見立てるとして。
 
 
見方によっては買い物って、
自分の小人と相手の小人を交換してることになります。
(小人だらけや)
 
 
そう思うだけでも、もしかしたら無駄遣い削減のキッカケになったりすることも。
 
 
 
んで、このお金というものにどのようなイメージ・感情を持ってるかって、
人によって様々だということも面白いと思ってます。
(色んな影響が及ぶこともあるけど、また別の機会に)
 
 
 
 

リスクとリターン

ではその小人たち。
自分自身だと思って想像を働かせてみた場合。
 
 
ずーっと家にこもって何もせずにダラダラしてたら、気分も晴れず不健康になったり。
 
仕事をバリバリすることで、
辛さもあるけど成長もしたり。
 
旅行に行くことで、
リフレッシュしたり学びを得たり。
 
子育てをすることで、
人間愛の尊さを痛感したり。
 
我が子の自立を応援しつつ、
どこか嬉しくも寂しかったり。
(経験無いので、想像です)
 
 
 
こんな感じで、人って色んな経験を積み重ねるほど、
深みや味が増していくと感じてます。
(若造が偉そうに語ってみる)
 
 
 
 
で、線引きは人それぞれですが、
それらにはリスクとリターンが絡んでます。
 
 
ここで僕自身の「リスク」という言葉の定義は、「不確実性」。
 
 
何が起こるか分からない。
けれどもやらなければ、何も得ない。
 
 
仕事にしても、
旅行にしても、
結婚や育児などにしても。
 
 
 
単純にその人自身がリスクと感じてるかどうかの違いなだけで、
 
新プロジェクトが失敗するかも、
転職先の人間関係がうまくいかないかも、
旅行先で盗難に合うかも、
離婚してしまうかも、
 
かもかもかもかも、、、
 
 
 
といった具合に考え出したら、
いくらでもビビれます。
 
 
 
けど、それらを乗り越えたから得られたものが沢山ある。
 
何かしら、みなさんも経験あるのではないでしょうか??
 
 
 
 
前置きが長くなりましたが、
お金も同じこと。
 
 
タンスや銀行に寝かせておくだけなのか、
旅行をさせるのか、
親心をもって長い目で見守るのか、
(書いててふと思ったけど、子育てと通ずるところが多そうですね。経験ないけど、、、)
 
 
 
リスクを取るほど、リターンを得られる。
 
この辺が共通してますね。
 
 
 

ムダなリスクはムダ

じゃぁ果敢にリスクとりまくればいいのかというと、
 
答えは明確にNO!です。
 
 
取る必要のないリスクは、無視無視。
 
これを「絶対的リスク」と呼んでますが、
そんなものはひょいっと避けて、
どうなるか分からない「相対的リスク」と向き合えばいいかと。
(詳しくはまた別途)
 
 
ただ、
投資関係などの営業をしている方の話を聞く限り、
変にリスク推奨してる人が散見されるのが悲しす、、、
 
 
お金は命だぞって思ってたら、
そんな適当なことは言えないのになぁと思いつつ。
(その人の自由ですけど、被害者は出さんでほしい)
 
 
 

 

まとめ

結局、今回何が言いたかったかというと、

 

①お金というものへのイメージ

②リスクとリターン

 

を踏まえた上で、

「しっかり育ててやってください」

 

ということでした。

 

 

お金は単なる道具でしかないけど、

ある意味生き物みたいなものでもあるなぁと。

 

 

 

知らないが故に搾取されたり、

何もできなかったりというのは、

 

分身(小人)も悲しむと思うので。

 

 

 

広瀬大悟